#01【TEDリスニング】The power of believing that you can improve

シリーズ「TEDリスニング」は、どうせリスニングの勉強をするのであれば内容的にも面白い英語で勉強をしたい、という方へ向けて、リスニング力アップはもちろん内容的にも刺激的で面白いスピーチを紹介していこうという連載です。
TEDのスピーチはどれも興味深いものばかりなので、受験生活や今後の人生に活かせるアイディアにきっと出会うことができるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは!

今回はスタンフォード大学の心理学教授Carol Dweckのスピーチを扱います。

心理学の研究結果を基に、成長する人の「マインド」や「脳の働き」、「物事への取り組み方」について紹介しています。

キーワードは “yet” です。

物事に取り組む際には「モチベーションが大切だ」という話は誰もが耳にしたことがあるでしょう。

実際に、モチベーションを持って物事に取り組むか否かで脳の働きが変わってくるのだそうです。

 

まずは一通り聞いてみて下さい。

その後、下部に用意してあるディクテーション形式の問題に取り組んでみて下さい。

 

【問題】

トークを聞き、空欄を埋めよ。

  1. (0:34頃) But if you get the grade “Not Yet”, you understand that                                            .
  2. (0:54頃) I wanted to see how children                                                            , so I gave … .
  3. (2:31頃) Scientists measured                                           from the brain as students                                       .
  4. (5:45頃) In one study,                                      that every time they push out of their comfortable zone to learn something new and difficult, the neurons in their brain can form new, stronger connections, and over time,                                       .
  5.  (8:10頃) that district                                             of Seattle.
  6. (8:54頃) I received a letter recently from a                                 boy.

(解答については、字幕を参照してください。)

東大入試ドットコム編集部 荒 諒理

このエントリーをはてなブックマークに追加