なぜ恐竜は絶滅した?答えは素粒子物理学に 理解を超越した話が飛び出す物理学のおもしろさ | JBpress(Japan Business Press)

JBpress(日本ビジネスプレス)|2019年09月30日

『ダークマターと恐竜絶滅』は、隕石と恐竜絶滅をテーマにした作品だが、著者のリサ・ランドールは素粒子物理学者である。そんな彼女がなぜ隕石や絶滅を扱 ...

続きを読む

するとコメントすることができます。

コメントを残す

するとコメントをすることができます。

新着コメント

  • alien.magellan.maya5b88d78706afd

    石橋 雄毅

    2019年09月30日

    科学に対して、なんとなく「絶対的に正しいもの」みたいなイメージがある人が多いかもしれませんが、
    10年単位で見れば何が科学的に正しいのかはどんどん変わっていたりして、実際は「人間が共通認識として現在正しいと思っているもの」に過ぎないんですよね。

    そして、勉強すればするほど普段我々がイメージしている現実と科学的に正しいこととが乖離していって、私は結局「正しい」って何なんだ? という気にすらなってきました。

    大学で学んだら、皆さんには何が見えてくるのでしょうか。

    0
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のニュース

more