予知失敗、100回中99回 南海トラフ地震で学者…(写真=共同)

日本経済新聞 電子版|2019年05月25日

南海トラフ巨大地震について、事前に発生する時や場所、規模を正確に言い当てる直前予知を100回試みても99回程度は失敗すると日本の地震学者が考えて ...

続きを読む

するとコメントすることができます。

コメントを残す

するとコメントをすることができます。

新着コメント

  • alien.magellan.maya5b88d78706afd

    石橋 雄毅

    2019年05月25日

    大学の授業の一環で、東大の地震研の見学に行ったことがあります。
    東日本大震災から半年も経たない頃だったこともあって、無力感に悔しさを滲ませる学者さんの姿が印象的でした。

    その授業を取るまで、地震学というものについてあまり深く知る機会はなかったのですが、
    シミュレーションや測定など、イメージしやすい理系的要素以外にも、
    文献からかなり昔の地震について知ったり、防災のために地域ごとの地理的・文化的特性を調べたり、いわゆる文系的な要素も結構大きな部分を占めていると聞いて、これもとても面白そうだと思いました。

    そういったことに興味を持つ人がどんどん出てきて、人の役に立つ研究がさらに進んでいってほしいと思います。

    8年が経ち、日本社会の防災意識は当時と比べ格段に上がっていると思いますが、ちょうど今日、大きめの地震がありました。
    いざという時のための準備、皆さんはきちんとできていますか?

    0
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のニュース

more