新時代の大学入試・高校入試「数学」への取り組み方…予備校数学講師からの提言 | リセマム

リセマム|2019年11月01日

 大学受験予備校・河合塾で教鞭を執り、数学検定対策書も執筆する高梨由多可(ゆたか)先生に、変化している高校入試や、2020年度より実施される「大 ...

続きを読む
石橋 雄毅 1Picks

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 石橋 雄毅
    石橋 雄毅

    東大入試ドットコムメンバー 2019年11月01日

    記事中にある「書かずに解く」については、もちろん最終的にはそれが安定的にできるような状態になることが理想ではありますが、
    現実には“書かないせいでうまくいかない”という高校生が少なくないように感じます。

    むしろ力をつけていく段階では、考えたことや与えられた情報、計算過程などを、面倒がらずにしっかり書いて整理していくことが重要な場合が多いと思います。
    スマートにできるようにしていくのはそれからで良いのではないでしょうか。

    0
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のニュース

more

実はアドミッションポリシーで明確に示されている 「どうやったら東大に入れるか?」という疑問は、東大受験を考える方なら誰でもお持ちだと思います。そ ...

0Picks

目標とすべき点数はどれくらい? 東大が発表している合格者データを確認! 日本で最難関の東大入試に合格するには、いったいどれだけの得点を取ればよい ...

0Picks

ライバルはどれくらいいる? 倍率を確認してみよう! ここまで、東大入試の選抜基準をお伝えしてきましたが、共に試験を受けるライバル達がどれくらいい ...

0Picks

これまで全6回に渡って東大入試関連の基礎データについて紹介してきました。 実際に合格するための戦略を立てるうえで、やはりこれまでの入試のデータや ...

0Picks