無燃料ロケット、電磁波で飛ばす 東大グループ考案

日本経済新聞 電子版|2019年06月14日

米国の宇宙船アポロ11号の月面着陸から今年で半世紀。今や国内外の企業が商業用ロケットのコスト削減を競う。東京大学などのグループは物資を宇宙に大量 …

続きを読む

するとコメントをすることができます。

コメントを残す

するとコメントをすることができます。

新着コメント

  • 諒理

    2019年06月14日

    ロケットの打ち上げる際、大量の燃料が必要だけれどもそれがまたロケット全体の重量を増やしてしまう、という話をどこかで聞いた記憶があります。
    そこから「燃料をつまないロケット」が実現しそうなところまで現在の科学、技術が進歩しているとは驚きです。

    1+
このエントリーをはてなブックマークに追加