高校生が授業で「小説」を読まなくなる? 変わる「高校国語」と新共通テスト

ねとらぼ|2019年06月08日

国語教育の大きな岐路。

続きを読む

するとコメントすることができます。

コメントを残す

するとコメントをすることができます。

新着コメント

  • alien.magellan.maya5b88d78706afd

    石橋 雄毅

    2019年06月08日

    入試問題の題材としての「小説」には、これまでも難しい部分が少なからずあったと思うので、
    実用文重視に移行していく方針自体には私も賛成です。

    だからといって、学校教育で小説を扱う機会がかなり減ってしまうというようなことがあるとすれば、それはそれで大丈夫なのかな、とも思ってしまいます。
    「小説なんて自由に想像をめぐらせて読むことが大事なんだから、授業で学ぶものではない」という考え方もよく耳にしますが、
    やっぱり、多くの経験がある人の読み方を聞いておきたくはありますよね(それを自分が取り入れるかどうかは別として)。

    特に進学校ほど、受験に直接関係のない授業の優先度は下げられてしまいがちですが、
    どこかに良い塩梅の着地点はないものなのでしょうか……。

    3+
  • aksystem5b7bde669f04f

    森口

    2019年06月15日

    論理的に日本語を使いこなすスキルは重要。
    指導者の工夫次第で、生徒が楽しめる授業が設計できる。

    1+
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のニュース

more